Lupe-マウスホイールでサイズと拡大率を変更できる枠なし拡大鏡ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > その他 > Lupe-マウスホイールでサイズと拡大率を変更できる枠なし拡大鏡ソフト-

Lupe-マウスホイールでサイズと拡大率を変更できる枠なし拡大鏡ソフト-

ベクターダウンロード
Lupeはマウスホイールの回転でピクセルサイズと拡大率を変更できる、ウィンドウ枠がない拡大鏡ソフトです。
枠がなく、縦横ともに400ピクセルの正方形ウィンドウをデスクトップ上に配置し、ウィンドウ直下のデスクトップ表示を拡大して見ることができます。
拡大鏡の移動はマウスドラッグで行ないます。
ポインタ追跡モードに設定すると、マウスカーソルを追って、移動させることも可能です。
そのほか、拡大されたデスクトップを半透明で表示して下にある原寸表示を透かし見る機能や、デスクトップ全体を拡大表示して、ディスプレイでその一部を覗き込むような仮想デスクトップ風の表示にする機能を備えています。
これらの設定は、タスクトレイに常駐しているLupeのアイコンを右クリックして、設定を選択して行います。
また、タスクトレイアイコンをホイールクリックすると、アイコンに赤い“+”印がついて簡易設定変更モードとなります。
このとき拡大鏡ウィンドウ上でホイールを上下に回転させると、拡大鏡のピクセルサイズを縦横同時に10ピクセルずつ広げたり縮めることが可能です。
さらに、ホイールを押し込みながら回転させると、拡大率を0.5倍ずつ上下できます。再度トレイアイコンをホイールクリックすると、設定変更モードは解除されます。

【著作権者】萩原 康一 氏
【対応OS】Windows 2000/XP
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】0.20(06/01/18)

トップ > フリーソフト > その他 > Lupe-マウスホイールでサイズと拡大率を変更できる枠なし拡大鏡ソフト-