Visual Subst -深い階層のフォルダを仮想ドライブ化して簡単アクセス-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > デスクトップ整理 > Visual Subst -深い階層のフォルダを仮想ドライブ化して簡単アクセス-

Visual Subst -深い階層のフォルダを仮想ドライブ化して簡単アクセス-

作者サイト
通常、深い階層に作ったフォルダを開くには、いくつものサブフォルダをたどっていく必要があります。
「Visual Subst」は、任意のフォルダを仮想ドライブ化してしまい、エクスプローラでドライブとして表示させれば、どのアプリケーションでも素早く開くことが可能になるというものです。
使い方ですが、ソフト起動後、フォルダ選択ダイアログから仮想ドライブ化したいフォルダを選択し、A~Zのアルファベットのうち、空いているアルファベット(ドライブレター)を指定します。
あとはアルファベット(ドライブレター)左側にある緑色のボタンを押して登録を完了させます。
仮想化したドライブは、ソフトを終了しても、Windowsを終了させるまでは有効となります。
しかし、Windowsを終了すると仮想ドライブも解除されてしまいます。
毎回設定するのは面倒ですので、ソフト画面下にあるチェックボックスをONにして「Visual Subst」をWindowsのスタートアップに登録するようにすればちょっと手間が省けます。


【著作権者】Alexander Avdonin 氏
【対応OS】Windows 2000/XP/Vista
【ソフト種別】フリーソフト(寄付歓迎)
【バージョン】1.0.5(07/03/01)

トップ > フリーソフト > デスクトップ整理 > Visual Subst -深い階層のフォルダを仮想ドライブ化して簡単アクセス-