電気料金計算プログラム エネカルク-リストから選ぶだけで、電気製品ごとの電気料金を計算できるソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > オフィス系 > 電気料金計算プログラム エネカルク-リストから選ぶだけで、電気製品ごとの電気料金を計算できるソフト-

電気料金計算プログラム エネカルク-リストから選ぶだけで、電気製品ごとの電気料金を計算できるソフト-

ベクターダウンロード

「エネカルク」は、電気料金を計算するためのソフト。指定した電気製品の、使用時間に応じた電気料金を計算したり、1ヵ月や1年間にかかる電気料金を計算したりできる。電気製品のリストには、電子レンジやエアコン、PLAYSTATION 2/3など、あらかじめ30種類以上が登録済みで、簡単かつすばやく電気料金を計算できるようになっている。基本単価の設定も、利用している電力会社と月間使用量とで簡単に行える。

用意されている計算機能は「基本計算」「長期計算」の2種類。「基本計算」では、「エアコンを3時間使用したときの電気料金」のように、使用した時間でかかる電気料金を計算できる。「長期計算」では、「掃除機を1回15分、1日2回使用した場合の1年間の電気料金」のように、使用時間と頻度から電気料金を計算できるようになっている。

使い方は簡単。「基本計算」では、リストから電気製品を選択して使用時間を指定し、「計算」を実行するだけ。例えば「掃除機(500W)」を選択すると、「消費電力」欄に「500W」が自動的に入力される。「使用時間」を「15分」と指定して「計算」ボタンをクリックすれば、「電気代=2.6円」などと表示される。「消費電力」の数値は、テキストボックスを直接編集して、修正することも可能。取扱説明書やメーカーのWebサイトで電気製品の消費電力(ワット数)を調べれば、より正確な料金を計算できる。

「長期計算」は、「基本計算」の延長で行える。「基本計算」の計算後に「1日に2回」「1週間に7回」「1ヵ月に15回」のように使用頻度を指定すると、単位時間(1分/1時間/1日/1週間/1ヵ月/1年)あたりの電気料金が算出される仕組み。冷蔵庫のように24時間連続して使う電気製品は、使用時間を24時間、使用頻度を1日1回と設定すればよい。

計算結果をクリップボードに出力することも可能。出力形式はタブ区切りまたはカンマ(コンマ)区切りを選択できる。

トップ > フリーソフト > オフィス系 > 電気料金計算プログラム エネカルク-リストから選ぶだけで、電気製品ごとの電気料金を計算できるソフト-