塗り絵の下絵を作ろう-塗り絵用の下絵を写真やイラストなどから手軽に作成できるソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 画像編集 > 塗り絵の下絵を作ろう-塗り絵用の下絵を写真やイラストなどから手軽に作成できるソフト-

塗り絵の下絵を作ろう-塗り絵用の下絵を写真やイラストなどから手軽に作成できるソフト-

ベクターダウンロード

「塗り絵の下絵を作ろう」はその名の通り、塗り絵用の下絵を作成するためのソフト。絵画やイラスト、スケッチ、写真などの画像ファイルを読み込み、輪郭を鉛筆や木炭で描いたような線描画で残して、塗り絵やトレースなどに利用できる下絵に変換する。対応する画像形式はBMP/JPEG/PNG/GIF/TIFF。

使い方は簡単。画像ファイルを指定し、「下絵作成」ボタンを押すだけでよい。読み込まれた画像の輪郭線が抽出され、あっという間に下絵が作成される。作成された下絵は、好きなサイズの紙に印刷して、絵の具や色鉛筆で塗り絵を楽しんだり、トレース(下絵の上に別の紙を置いて透かし、なぞって写し取る)に利用したりできる。新たに別の画像ファイルとして保存することも可能だ。

下絵の出来映えに満足できないときは、作成オプションを変更して、あらためて下絵を作成すればよい。オプションで設定できるのは「線の強さ」「線の除去」「ノイズ除去」「抽出線の色」「枠線の色」の各項目。下絵の抽出線を濃くするには「線の強さ」スライダーを右方向にスライドし、抽出線の数を減らしたければ「線を除去」スライダーを右方向にスライドして、薄い抽出線を除去するように指定すればよい。

「ノイズ除去」は、元絵の種類に応じて使い分けるのがポイント。絵が入り組んだ写真などから下絵を作成する場合は、ノイズ除去をONにすれば、不要な線や点が消去される。逆に線がくっきりとした絵やイラストから下絵を作成する場合はノイズ除去をOFFにして、輪郭線が消えないようにする。

抽出線の色を指定することも可能。初期状態の黒に加え、赤、緑、青の計4色から選択できる。画像に四角い枠線をつけることもできる。
印刷には、Windows標準の「画像とFAXビューア」が用いられるが、他のビューアを指定することもできる。

トップ > フリーソフト > 画像編集 > 塗り絵の下絵を作ろう-塗り絵用の下絵を写真やイラストなどから手軽に作成できるソフト-