PDCAデスクトップ付箋-PDCAサイクルの管理を付箋上で実現した多機能デスクトップ付箋紙ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 付箋 > PDCAデスクトップ付箋-PDCAサイクルの管理を付箋上で実現した多機能デスクトップ付箋紙ソフト-

PDCAデスクトップ付箋-PDCAサイクルの管理を付箋上で実現した多機能デスクトップ付箋紙ソフト-

ベクターダウンロード

「PDCAデスクトップ付箋」は、主にToDo管理、プロジェクト管理を目的に作成された付箋紙ソフト。生産管理や品質管理のマネジメントシステムであるPDCAサイクルをデスクトップ上の付箋で実現した。「詳細表示」「シンプル表示」の2種類の表示モードを切り替えて利用できる。付箋の内容をメールで送信する機能なども備えている。

PDCAサイクル(PDCA cycle:plan-do-check-act cycle)とは、

Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Act(改善)
の四つのステップを繰り返し、業務・品質の継続的な改善を図るシステムのこと。「PDCAデスクトップ付箋」では、これに則って画面が四分割され、PDCAサイクルに沿った内容を入力できるようになっている。
付箋の新規作成はタスクトレイメニューから行える。付箋にはタイトルと重要度、目標日を設定することが可能。分割された四つの画面には「Plan(何をする?)」などといった項目見出しが付けられるほか、背景に「P」「D」「C」「A」の文字が表示される。項目見出しと背景文字は、設定によって非表示にすることも可能だ。

タイトルや本文を入力するには、対象部分をダブルクリックすればよい。モードが変化して、直接入力できるようになる。重要度はプルダウンで、また目標日はカレンダーで入力する(作成日は付箋を作成した日付が自動入力され、変更はできない)。

付箋の背景色、タイトル、項目見出し、本文はそれぞれ、文字色/フォント/フォントスタイルを変更することが可能。付箋背景には画像を使うこともできる。付箋の透明度を設定することも可能。0%から90%までの10%刻みで指定できる。付箋全体を表示する「詳細モード」と、本文を除いたタイトル部分だけを表示する「シンプルモード」とは、ワンタッチで切り替えられる。

作成した付箋の一覧は、管理画面で確認できる。管理画面では、付箋単位での表示/非表示、前面表示、付箋の重なり方(重要度順/残日数順)、付箋の削除、パスワードなどを設定することが可能。CSVファイルへの出力も行える。

トップ > フリーソフト > 付箋 > PDCAデスクトップ付箋-PDCAサイクルの管理を付箋上で実現した多機能デスクトップ付箋紙ソフト-