SoundEngine Free -簡単な録音から高度なエフェクト処理までを一本でこなせるサウンド編集ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 音楽関連 > SoundEngine Free -簡単な録音から高度なエフェクト処理までを一本でこなせるサウンド編集ソフト-

SoundEngine Free -簡単な録音から高度なエフェクト処理までを一本でこなせるサウンド編集ソフト-

ベクターダウンロード

「SoundEngine Free」は、パソコンで録音したデータや既存のオーディオファイルを加工するためのサウンド編集ソフト。WAVE(.WAV)ファイルのほか、Oggファイルの読み書きやCD-DAファイルの読み込みにも対応する。オーディオデータを数値化したものをCSV形式で保存したり、CSVファイルを読み込んで編集したりすることも可能。サンプリング周波数は96k/48k/44.1k/32k/22.05k/11.025kHzの6段階、量子化ビット数は24/16/8bitの3段階から選択できる。チャンネルはモノラルまたは2チャンネルとなっている。

メイン画面には「再生」「録音」「編集」など、多数のタブが用意されている。操作はタブを切り替えて行う。オーディオの波形グラフとレベルゲージは、すべてのタブに共通して表示される。「再生」では、再生速度や再生開始位置、音量などを調節することが可能。サンプリング周波数や量子化ビット数をドロップダウンリストから選ぶと、その場でフォーマット変換を行うこともできる。波形グラフ上をドラッグすることで、ドラッグ範囲の削除やコピーなどの編集も行える。

「録音」では、録音するデバイスや入力系統の選択、サンプリング周波数や量子化ビット数の指定、録音音量の設定などを行うことが可能。「編集」では、編集中のデータに対して、クリップボードや既存のファイルからデータを貼り付けたり、ミックスすることができる。プレビュー機能を使って、編集後の波形を事前に確認することも可能だ。

そのほかにも、

録音用や作業用に使用するフォルダの設定(フォルダ)
スクリプトを使った一括処理(スクリプト)
コマンドラインによる加工(コマンドライン)
音程や時間伸縮の調整(音程)
最大音量や平均音量などの解析データの表示(解析)
処理時間やCPU使用率、利用可能メモリ容量などのパフォーマンス表示(パフォーマンス)
などを行えるタブが用意されている。さらに、
コンプレッサやリミッタによる調整
ディレイやリバーヴ、サラウンド処理などの広がり感の調整
イコライザやブースタなどの加工
ディストーション、オクターバ、トレモロ、ビブラートなどのエフェクト処理
などの操作も可能。エフェクタのパラメータ設定は、名前を付けてライブラリに保存することが可能で、よく使う設定はライブラリ一覧から簡単に選べるようになっている。

トップ > フリーソフト > 音楽関連 > SoundEngine Free -簡単な録音から高度なエフェクト処理までを一本でこなせるサウンド編集ソフト-