ExtendQuickBar-クイック起動を拡張したような感覚で使える、バータイプのランチャ -| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > ランチャー > ExtendQuickBar-クイック起動を拡張したような感覚で使える、バータイプのランチャ -

ExtendQuickBar-クイック起動を拡張したような感覚で使える、バータイプのランチャ -

ベクターダウンロード

「ExtendQuickBar」は、タスクバーの上にもう一段バーが追加されたような形で表示される、バータイプのボタン型ランチャ。表示位置はタスクバーの上のほか、デスクトップ上部にすることも可能。アイテムの登録は、ドラッグ&ドロップで簡単に行える。アイテムをグループ化して、タブ切り替えで利用することもできる。登録したアイテムをショートカットキーから開くことも可能だ。

初回起動時には、ユーザのクイック起動に登録されたアイテムが表示されるようになっている。これは、デフォルトパスとしてクイック起動フォルダが指定されているため。デフォルトパスは、ユーザが変更することもできる。新規アイテムの登録は、「ExtendQuickBar」のバーの上にエクスプローラなどから直接、ファイルアイコンをドラッグ&ドロップすればよい。登録済みのアイテムを並べ替えたり、ドラッグ&ドロップしたファイル/フォルダをプログラムから開いたりすることもできる。

グループ機能を有効にすれば、アイテムをタブでグループ管理できるようになる。タブにはグループ名を設定できるほか、アクティブ/非アクティブ時の背景や文字色を指定することもできる。

動作設定は細かく行える。常駐の有無やタスクトレイアイコンの表示/非表示、タスクバーへの表示/非表示のほか、「非アクティブになったら閉じる」「アイテムを選択したら閉じる」といった動作も指定することができる。「通常は非表示にし、必要なときだけタスクトレイから呼び出して使う」ことも可能だ。

表示設定をカスタマイズすることも可能。アイコンの大きさや影の表示/非表示、背景色、アニメーション効果、メニューの表示/非表示などを指定できる。グループタブの表示設定も変更することが可能だ。

キーボードから操作することも可能。アイテム/グループの切り替えをキー操作で行えるほか、アイテムにショートカットキーを設定することもできる。ショートカットキーの動作は、

「ExtendQuickBar」全体で有効な「Global」
グループがアクティブなときだけ有効な「Local」
のいずれかから選択して指定することが可能だ。

トップ > フリーソフト > ランチャー > ExtendQuickBar-クイック起動を拡張したような感覚で使える、バータイプのランチャ -