Social IME-変換辞書をネット上のユーザで共有する、新しい形の日本語入力ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 入力支援 > Social IME-変換辞書をネット上のユーザで共有する、新しい形の日本語入力ソフト-

Social IME-変換辞書をネット上のユーザで共有する、新しい形の日本語入力ソフト-

ベクターダウンロード

「Social IME」は、変換辞書をインターネットで共有することで、辞書のメンテナンスをオープン化した日本語入力ソフト。一般的な日本語入力ソフトでは、「変換できない特殊な専門用語」「最新の流行語」などは、ユーザが個別に登録する必要があるが、「Social IME」では、ひとりのユーザが辞書に登録した瞬間から、すべてのユーザが変換できるようになり、単語の登録や辞書のバックアップといったメンテナンスの手間が軽減される。辞書ファイルがサーバ上にあるため、リソースの少ないパソコンでも利用できる。

「Social IME」を使ってかな漢字変換を行うには、パソコンがインターネットに接続されている必要がある(切断された状態では、変換操作を行うことができない)。しかし、インターネットに接続さえしていれば、「変換に使用するサーバの登録」などのセットアップは不要。インストールするだけで、すぐに使いはじめられる。ローマ字入力の方法はMicrosoft IMEに準拠しているが、設定ファイルを編集することで、カスタマイズすることも可能。変換操作もMicrosoft IMEに準拠している。

機能面での特徴が「予測変換」。Web上に存在する日本語文書から得た統計情報をもとに、より精度の高い変換を実現する。「Social IME」の予測変換では、(単語や文節単位での変換候補を表示するのではなく)携帯電話の日本語入力機能と同様、入力される文章そのものが候補として表示される。

他のIMEとの切り替えや単語登録などの基本操作は一般的なIME同様、言語バーで行う。言語バーでは、そのほかにも予測変換機能のON/OFFやソフトウェアキーボードの起動などが可能。単語登録は、一般的なIMEのように品詞を指定する必要はなく、単語と読みだけを登録して行う。

トップ > フリーソフト > 入力支援 > Social IME-変換辞書をネット上のユーザで共有する、新しい形の日本語入力ソフト-