BB FlashBack Express 日本語版-キャプチャドライバモードを搭載し、CPUにほとんど負荷をかけない、軽快動作のスクリーンレコーダ-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > スクリーンキャプチャ > BB FlashBack Express 日本語版-キャプチャドライバモードを搭載し、CPUにほとんど負荷をかけない、軽快動作のスクリーンレコーダ-

BB FlashBack Express 日本語版-キャプチャドライバモードを搭載し、CPUにほとんど負荷をかけない、軽快動作のスクリーンレコーダ-

ベクターダウンロード

「BB FlashBack Express 日本語版」は、デスクトップ上の動きを動画として取り込み、ファイル保存できる“画面録画”ソフト。パソコンで再生された音声などを録音することも可能。録画用の「レコーダー」、再生用の「プレーヤー」の2本のプログラムからなり、設定はウィザード形式のウィンドウで簡単に行える。録画した動画は、独自のファイル形式(FBR)で保存できるほか、FLV/SWF/AVI形式のファイルに出力することも可能。録画した動画をYouTubeなどの動画共有サイトにアップロードする機能も備えている。さらに、Webカメラの映像を同時に録画したり、出力範囲をフレーム単位で指定したりといったことも可能だ。英国・Blueberry Software社製ソフトの日本語版。

設定・操作は簡単。録画の設定は、起動時に表示されるウェルカムウィンドウの指示に従って進めてゆけばよい。録画の実行はタスクバーなどから行える。録画の設定は、(1)ディスプレイの設定を選択、(2)サウンド設定を選択、(3)Webカメラの録画、(4)録画モード、(5)その他のオプション、(6)録画領域の選択、の順に行う。「Webカメラの録画」を有効にすると、デスクトップの録画中に、Webカメラの映像も同時に録画されるようになる。録画されたWebカメラ動画は別ウィンドウで再生できるほか、ピクチャインピクチャとして動画に埋め込むことも可能だ。

「録画モード」は、Windows標準のAPIである「GDI」経由か、または「BB FlashBack」独自の「キャプチャドライバ」かを選択できる。キャプチャドライバは、独自の仮想ディスプレイドライバを使用して、描画リクエストそのものを取り込むもの。GDIよりも高速かつ高効率にキャプチャすることができる。

「録画領域の選択」で設定できるのは「フルスクリーン」「(個別の)ウィンドウ」「(任意の矩形)領域」のいずれか。さらに「その他のオプション」では、録画中の解像度変更や生成される動画サイズの制限(録画時間/ファイルサイズによる制限)、Windowsの各種エフェクトの有効/無効、デスクトップアイコンの表示、キーストロークの記録、壁紙の無効化などを設定することが可能。マルチモニタ環境にも対応し、プライマリ/セカンダリモニタのいずれかを録画領域として選択できるようになっている。

音声を取り込むことも可能。ソースにはマイクを指定することもできる。サンプリングレートやステレオ/モノラルを選択したり、MP3圧縮の使用を指定したりすることも可能だ。

設定した内容は保存され、メニューから「クイックレコード」を選択すると、(前回のウィザードの設定またはオプションの設定を使用して)再設定の必要なく録画を実行できる。そのほか、録画した動画ファイルのメールソフトでの送信機能などもある。

トップ > フリーソフト > スクリーンキャプチャ > BB FlashBack Express 日本語版-キャプチャドライバモードを搭載し、CPUにほとんど負荷をかけない、軽快動作のスクリーンレコーダ-