RubyMate-青空文庫形式のテキストファイルを、多彩な設定で加工・変換できるソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > その他 > RubyMate-青空文庫形式のテキストファイルを、多彩な設定で加工・変換できるソフト-

RubyMate-青空文庫形式のテキストファイルを、多彩な設定で加工・変換できるソフト-

ベクターダウンロード

「RubyMate」は、インターネットの電子図書館「青空文庫」で公開されているテキストファイルを、さまざまな環境で読めるように加工を施すためのソフト。青空文庫ではルビや傍点、傍線などの表現に独自の書式を採用しているが、その書式を変換することで、青空文庫形式に未対応/部分対応のアプリケーションでも利用しやすいようにできる。別形式のファイルを青空文庫形式にしたり、文字列を置換したりといったことも可能だ。

操作は、(1)処理したいファイルをメイン画面にドラッグ&ドロップし、(2)処理内容を指定して、(3)「変換」ボタンを押して実行する、という手順で行う。変換後のファイルは、元ファイルと同じフォルダに「元ファイル名(RubyMate変換).拡張子」の名前で保存される。付加される文字列は、別のものに変更することも可能だ。

設定できる項目は多彩。大きく「注記関連」「ルビ関連」「文字列置換」に分けられ、「注記関連」では、

傍点/傍線をルビで代用する
太字をルビまたは括弧で代用する
感嘆符疑問符複合外字を!?で代替
外字の○付き数字・ローマ数字を代替
などを設定することが可能。「ルビ関連」では、
(ルビ)を《ルビ》に変換する
ルビではない《》を置換する
ルビをすべて除去する
ルビ中の空白を除去する
などを設定できるようになっている。「文字列置換」では、四つまでの文字列を指定して置換を実行できる。

トップ > フリーソフト > その他 > RubyMate-青空文庫形式のテキストファイルを、多彩な設定で加工・変換できるソフト-