SPD-付箋を壁紙に埋め込んでしまう、非常駐型の付箋紙ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 付箋 > SPD-付箋を壁紙に埋め込んでしまう、非常駐型の付箋紙ソフト-

SPD-付箋を壁紙に埋め込んでしまう、非常駐型の付箋紙ソフト-

ベクターダウンロード

「SPD」は、付箋を壁紙に埋め込み、タスクトレイに常駐しないタイプの付箋紙ソフト。付箋を作成・編集したあとに「SPD」を終了させると、付箋が書き込まれた状態の(壁紙用)画像が新たに作成され、壁紙に設定される。付箋を表示させるためにソフトを常駐させておく必要がなく、無駄なリソースを消費せずにすむ。壁紙に埋め込まれた付箋は、「SPD」を起動すれば、再度編集できるようになる。全体的にシンプルな構成で、直感的に操作できる。

付箋の作成は、タスクトレイアイコンのクリックか、右クリックで表示されるタスクトレイメニューから行える。編集機能としては、切り取り/コピー/削除/貼り付けのほか、Undoも用意されている。付箋の文字サイズや文字色、フォント、背景色、透明度は付箋ごとに設定することが可能。「背景色を描画しない」オプションがあり、有効にすると壁紙に直接文字が書き込まれたようになる。付箋の大きさは自由に変更できるが、内容に合ったサイズに自動的に変更してくれる「付箋オートサイズ」機能も利用できる。

付箋の位置はマウスドラッグで動かすことが可能。複数の付箋を重ね貼りすることができ、重ね貼りした付箋を一緒に移動させることもできる。付箋の削除は、付箋の右上にマウスポインタを置くと表示される削除ボタンなどから行える。削除した付箋は専用の「ごみ箱」に収納され、必要に応じて復元させることが可能。「ごみ箱」に入れられる付箋の枚数は、初期状態では10枚までとなっている(設定により、変更できる)。

タスクトレイメニューからは、付箋の一覧を確認できる。一覧では、フォント、文字色、背景色などがわかるスタイルで付箋の1行目の内容が表示され、選択した付箋が編集対象になる。そのほかにもユニークな機能として、デスクトップ画面を切り取った画像を付箋化したり、その画像を保存したりできる機能がある。

トップ > フリーソフト > 付箋 > SPD-付箋を壁紙に埋め込んでしまう、非常駐型の付箋紙ソフト-