CrossLoop-難しい設定は不要で、誰でも簡単に使えるリモート操作ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 遠隔操作 > CrossLoop-難しい設定は不要で、誰でも簡単に使えるリモート操作ソフト-

CrossLoop-難しい設定は不要で、誰でも簡単に使えるリモート操作ソフト-

ベクターダウンロード

「CrossLoop」は、遠隔地にあるパソコンのデスクトップを表示したり、操作したりできるようにしてくれるリモート操作ソフト。12桁のアクセスコードをあらかじめ電話などで教えてもらい、入力するだけで接続することが可能。目の前にあるパソコンと同じ感覚で操作できる。特に難しい設定は必要なく、誰でも簡単に使える。

「CrossLoop」では、リモート操作を行う方を「アクセス側」、アクセスを受け入れるホストを「共有側」と呼ぶ。操作画面で「アクセス」「共有」の各タブ画面を切り替えることで、役割を選べるようになっている。

共有側は、「共有」画面に表示された自分のアクセスコードをアクセス側の相手に教え、「接続」ボタンをクリックして待機する。アクセス側は自分の「CrossLoop」の「アクセス」画面に、教えてもらったコードを入力して「接続」ボタンをクリックする。これで共有側のデスクトップにアクセス要求のダイアログが表示される。承認するとアクセス側のディスプレイに共有側のデスクトップが表示され、アクセス側から共有側のパソコンを操作できるようになる。

アクセスを受け入れる際に、共有側では「表示のみ」を選択することも可能。「表示のみ」では、アクセス側から共有側を操作することはできず、画面を閲覧できるのみとなる。「表示のみ」への切り替えは、接続開始後でも行える。

アクセス側のビューア(共有側のデスクトップが表示されるウィンドウ)にはツールバーが用意され、フルスクリーン表示に切り替えたり、キー操作を共有側へダイレクトに送信したり、オプション設定画面を呼び出したりすることが可能(ポップアップメニューからコマンド操作も行える)。オプションで「Japanese keyboard」を指定しておくとIMEも操作でき、アクセス側から共有側に日本語入力を行える。

ビューアではそのほかにも、

チャットやファイルの転送
共有側とアクセス側の入れ替え
接続状態の確認
接続設定ファイルの保存
などが可能。アクセス/共有を設定するメイン画面では、プロキシサーバの設定やアクセスコードの変更などを行える。

トップ > フリーソフト > 遠隔操作 > CrossLoop-難しい設定は不要で、誰でも簡単に使えるリモート操作ソフト-