マンガグリル-パーツを組み合わせて、キャラクタもストーリーも簡単に作れる“マンガ創作ソフト”-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > その他 > マンガグリル-パーツを組み合わせて、キャラクタもストーリーも簡単に作れる“マンガ創作ソフト”-

マンガグリル-パーツを組み合わせて、キャラクタもストーリーも簡単に作れる“マンガ創作ソフト”-

ベクターダウンロード

「マンガグリル(MANGA GRILL)」は、絵を描くことが苦手な人でも、気軽にマンガ創作の楽しさを味わうことのできるソフト。顔の輪郭や髪型、目、鼻、服などのパーツを組み合わせてゆくだけで、キャラクタを作り上げることができる。同様にストーリー(場面)も背景や道具、吹き出しといったパーツを組み合わせて作ることが可能。ユーザが自分で絵を描く必要はない。

搭載された機能は大きく分けて、

キャラエディタ
キャラライブラリ
ストーリーエディタ
ストーリーライブラリ
の四つ。エディタでキャラやストーリーを作成し、ライブラリに登録してゆく。
「キャラエディタ」では、顔の輪郭や目、鼻などの顔パーツをはじめ、服や靴、メガネ、帽子、しわやひげといった多数のパーツから好きなものを組み合わせ、キャラクタを作れる。色のバリエーションも豊富で、拡大・縮小や位置を微調整することも可能だ。パーツがランダムに組み合わされて、次々にキャラクタが作成される「自動作成」機能もある。できあがったキャラクタはライブラリに保存できるほか、画像に書き出すことも可能。縦横比を保ったまま、最大横300×縦400pixelまでのサイズで書き出せる。さらに、バストショットで書き出したり、mixi/Twitter用に最適なサイズで書き出したりといったことも可能だ。

「ストーリーエディタ」では、マンガのストーリー(場面)を作成することが可能。「キャラライブラリ」に保存されているキャラクタや背景、道具、テキスト、吹き出し、効果といったパーツを自由に配置して、ストーリーを作ってゆく。キャラクタのポーズを変えたり、背景として好きな画像を取り込んだりといったこともできる。「ストーリーエディタ」にも「キャラエディタ」同様、「自動作成」機能が用意されている。

できあがったマンガは、画像(JPEG/PNG)または動画(FLV、GIFアニメーション)として書き出せる。画像の場合は1コマ、縦2コマ、横2コマ×2行、縦4コマ×2列などのレイアウトを選択して書き出せる。作成したマンガをブラウザで読めるように、HTMLファイルを書き出す機能もある。

トップ > フリーソフト > その他 > マンガグリル-パーツを組み合わせて、キャラクタもストーリーも簡単に作れる“マンガ創作ソフト”-