Lhaz-解凍先フォルダの候補を設定しておける、多機能圧縮・解凍ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 圧縮・解凍 > Lhaz-解凍先フォルダの候補を設定しておける、多機能圧縮・解凍ソフト-

Lhaz-解凍先フォルダの候補を設定しておける、多機能圧縮・解凍ソフト-

ベクターダウンロード

「Lhaz」は、アーカイブ(書庫)ファイルの閲覧・圧縮・解凍(展開)を行うためのソフト。圧縮・解凍用の外部DLLが不要で、すぐに使いはじめられる。LZH/ZIP/CAB/TGZ/TAR/GZ/TBZ/BZ2/7Zの9形式の圧縮と、これにRARを加えた10形式の閲覧・解凍に対応する。自己解凍アーカイブ(LZH/CABベース)の作成やアーカイブの分割、アーカイブ内の検索やgrep、アーカイブ内容のテキスト出力なども可能。Ver.2.xになってツリービュー機能が追加され、アーカイブ内のフォルダ階層をツリー表示できるようになった。Unicodeにも対応した。

圧縮・解凍は、メイン(閲覧)画面からの操作のほか、デスクトップアイコンへのドラッグ&ドロップ、エクスプローラなどのコンテキスト(右クリック)メニューからの操作、アーカイブファイルのダブルクリック(解凍の場合)などで行える。

メイン画面は、ツリービューとリストビューの2ペイン構成。アーカイブファイルを読み込ませると、ツリービューにアーカイブのフォルダ構成が表示され、各フォルダに含まれるファイルを確認できる仕組み。メイン画面では、アーカイブ全体の解凍のほか、ファイル/フォルダ単位での解凍、アーカイブ内ファイルの閲覧(関連付けされたプログラムや指定アプリケーションで開く)や削除、アーカイブのテストなども行える。

解凍に際しては、あらかじめ解凍先フォルダの候補を設定しておくことが可能。設定されたフォルダは、解凍時のメニューに追加される。設定フォルダ以外にも「このフォルダに解凍」「解凍フォルダを指定」「フォルダ自動生成」「解凍先履歴」などから選択して、即座に解凍することが可能だ。

そのほかにも、

指定文字列のアーカイブ内容からの検索、grep
自己解凍アーカイブへの変換
ファイルの分割
アーカイブ内容のテキスト出力
などが可能。アーカイブ内容のテキスト出力機能では「閲覧ウィンドウに従う」「dirコマンド互換」「ツリー」などの出力形式を指定できる。CSVの出力にも対応する。

トップ > フリーソフト > 圧縮・解凍 > Lhaz-解凍先フォルダの候補を設定しておける、多機能圧縮・解凍ソフト-