ID_Doc For USB-Memory-自動ログイン機能も搭載した“持ち運んで使える”ID/パスワード管理ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > USBメモリ関連 > ID_Doc For USB-Memory-自動ログイン機能も搭載した“持ち運んで使える”ID/パスワード管理ソフト-

ID_Doc For USB-Memory-自動ログイン機能も搭載した“持ち運んで使える”ID/パスワード管理ソフト-

ベクターダウンロード

「ID_Doc For USB-Memory」は、ユーザIDやパスワード、メールアドレス、ホームページURLなどをセットにして管理できるソフト。登録されたデータから自動ログイン処理を行う機能や、パスワードの生成機能なども搭載する。登録されたデータは暗号化保存される。

メイン画面は、左側にログイン先サイト名などの「項目」が、右側には各項目に対応したID/パスワード情報の登録・表示エリアが配置されたデザイン。1件分として「ID(ユーザID/アカウント)「PW(パスワード)」「Mail(メールアドレス)」「HP(ログインページのURL)」の各データを登録できるようになっている。メイン画面には、まったく同じ項目からなる「Main」「Sub」の2枚のタブがあり、「ひとつのサービスで二つのアカウントを使い分ける」ような場合に便利だ。

「ID」などの入力エリアの横にはボタンが用意され、例えば「ID」をクリックすると、ログインページなどのテキストボックスにIDデータを転送してくれる仕組み。「PW」ボタン横の「*」を押すと、パスワードの表示を文字列表示⇔「*****」表示で切り替えることができる。

自動ログイン機能もある。「Login」ボタンをクリックすると、

(1)IDの入力→(2)パスワードの入力→(3)ログインボタンのクリック
といった一連の操作が自動で行われ、ユーザのログイン作業の手間を省いてくれる。「Login」では、4ステップまでの操作を登録することが可能。「IDとパスワードを入力してログイン」「メールアドレスとパスワードを入力してログイン」など、利用先のサイトに応じて登録内容を変えることができる。
IDやパスワードを考えるのが面倒な人のために自動生成機能もある。生成された文字列は、ボタンひとつで登録エリアに転送することが可能。生成用のオプションとして「すべての英文字(を使う)」「大文字のみ」「小文字のみ」「大(文字)1+小文字」といった条件を設定できる。文字部分の桁数と数字部分の桁数を指定することも可能だ。

メイン画面左側の「項目」リストは3枚のタブからなり、用途に応じて使い分けられる。タブのタイトルを変更したり、タブ間でID/パスワード情報を移動したりといったことも可能だ。

そのほかにも、

データのバックアップ
Microsoft Excel形式でのエクスポート
CSV形式ファイルのインポート
などが可能。メイン画面上のボタンにマウスオーバーすることで、「操作のヒント」を表示する機能もある。

トップ > フリーソフト > USBメモリ関連 > ID_Doc For USB-Memory-自動ログイン機能も搭載した“持ち運んで使える”ID/パスワード管理ソフト-