記念箱 -デジカメ写真や動画を“思い出のアルバム”としてまとめてくれるソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 画像ビューア > 記念箱 -デジカメ写真や動画を“思い出のアルバム”としてまとめてくれるソフト-

記念箱 -デジカメ写真や動画を“思い出のアルバム”としてまとめてくれるソフト-

ベクターダウンロード

「記念箱」は、スライドショウや画像ギャラリーなどの機能を備えたアプリケーションを、誰でも簡単に作成できるソフト。作成したファイル(以下、アルバム)は実行環境に応じて、Windows用やMac用の実行ファイル、CD自動起動用ファイル、Web表示用のSWFファイルで出力することが可能。「記念箱」がインストールされていないパソコンでも、アルバムを閲覧できる。アルバムを起動すると、タイトル画面に続いてメニューが表示され、スライドショウやサムネイル形式のフォトギャラリーを閲覧したり、動画などのファイルやWebページへのリンクを表示させたりできるようになる。

アルバムを作成するのに必要な機能は、メイン画面上に用意された「基本情報」「写真」「その他(オプション)」「設定」の各ボタンにまとめられている。このうち「基本情報」「写真」の設定を行えば、(最低限の)スライドショウとギャラリーを作成することが可能だ。

「基本情報」では、スライドショウ全体のタイトルやBGMの設定を行える。記念日カウント機能を使うと、任意に指定した日付からの経過日数をタイトル画面上に表示させることができる。

「写真」では、スライドショウやギャラリーに表示させる画像を選択したり、各画像のタイトルやコメントを入力したり、表示開始時・消去時のトランジション効果(4種類)を指定したりといったことが可能。さらに、各画像の前後にテキストを表示させたり、「スライドショウには表示せず、ギャラリーのみで表示される」ようにしたりといったこともできる。スライド/テキストの表示速度は5段階から選べるようになっている。

「その他(オプション)」では、画像以外に動画ファイルやWebページへのリンクを登録することができ、アルバム実行時には「Other」というメニューからファイルを開いたり、Webページにアクセスしたりが可能となる。

「設定」では、スライドやサムネイルの表示サイズ、アルバムの開始方法などを指定できる。アルバム実行用の環境も「設定」で選択することが可能だ。

編集中のアルバムに名前を付けて保存すると「記念箱設定ファイル」形式で保存され、あとから素材ファイルを追加したり、テキストを編集したりすることもできる。実行ファイルで出力する場合は、メイン画面の「保存して再生」ボタンをクリックすると、まずファイルが出力されたのち、スライドショウが再生される。

そのほか、FTP機能を使って、FTPサーバに直接、スライドショウのファイルをアップロードすることも可能だ。

トップ > フリーソフト > 画像ビューア > 記念箱 -デジカメ写真や動画を“思い出のアルバム”としてまとめてくれるソフト-