CubePDF -「いますぐ電子文書を作成したい」という人にぴったりの簡単PDF作成ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > PDF関連 > CubePDF -「いますぐ電子文書を作成したい」という人にぴったりの簡単PDF作成ソフト-

CubePDF -「いますぐ電子文書を作成したい」という人にぴったりの簡単PDF作成ソフト-

ベクターダウンロード

「CubePDF」は、電子文書のデファクトスタンダードといえるPDFファイルを作成するためのソフト。仮想プリンタドライバとして動作し、使い慣れたアプリケーションで印刷を実行し、出力先を「CubePDF」に指定するだけで、PDFファイルが出力される。PDFファイルのパスワード保護や品質の設定なども可能だ。

使い方は簡単。PDFにしたい文書をアプリケーションで開き、印刷を実行すればよい。出力先のプリンタに「CubePDF」を指定して「OK」ボタンをクリックすると、プリンタで印刷される代わりに、PDFへの変換・出力が行われる仕組み。実際には「印刷設定」ダイアログで「OK」をクリックすると、続いて「CubePDF」の設定画面が表示される。設定画面には「一般」「文書プロパティ」「セキュリティ」「詳細設定」の各タブが用意されている。

「一般」では、PDFのバージョンや出力時のファイル名などを指定できる。既存のPDFファイルに上書きしたり、先頭や末尾に結合したりすることも可能。ファイルタイプでは、PDF以外を指定することもできる。PS/EPS/SVGといったベクトル画像やJPEG/BMP/PNG/TIFFといったビットマップ画像を選択することが可能だ(ビットマップ画像では解像度の指定も可能)。

「文書プロパティ」では、タイトルや作成者、キーワードなどの情報の埋め込みを指定できる。

「セキュリティ」では、作成したPDFファイルをパスワード保護できるほか、印刷やテキスト/画像のコピー、フォームへの入力などの操作を個別に許可することが可能だ。

「詳細設定」では、文書内の画像の容量を減らすダウンサンプリングや、文書全体のグレースケール化、Web表示用への最適化、フォントの埋め込みなどを指定できるようになっている。

設定完了後に「変換」を実行すると変換がはじまり、あらかじめ指定しておいた保存先フォルダにPDFファイルが出力される。初期状態では、変換終了後にPDFファイルを開いて表示するが、開かない(何もしない)ようにすることも可能だ。

トップ > フリーソフト > PDF関連 > CubePDF -「いますぐ電子文書を作成したい」という人にぴったりの簡単PDF作成ソフト-