パソわんこ-留守宅をバーチャル番犬の鳴き声などで守る“空き巣よけ”ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > その他 > パソわんこ-留守宅をバーチャル番犬の鳴き声などで守る“空き巣よけ”ソフト-

パソわんこ-留守宅をバーチャル番犬の鳴き声などで守る“空き巣よけ”ソフト-

ベクターダウンロード

「パソわんこ」は、留守宅(ユーザ不在の家)のパソコンで動作し、ちょうど番犬のように留守宅を守ってくれる防犯支援ソフト。吠える声を再生し、部屋に犬がいるように見せかけたりすることができる。再生音を自分の愛犬の鳴き声に変更したり、家族の会話にしたりすることも可能。

主な機能は、

犬の吠える声を聞かせて、侵入者(空き巣)が心理的に入りにくいようにする
侵入者を検知して警告する
侵入者の存在をユーザに通知(メールを送信)する
の三つ。犬の吠える声は、起動中には絶え間なく、ランダムに再生される。ステレオスピーカーが接続された環境では、左右別々の鳴き声が再生される。
侵入者の検知・警告機能は、外部の動体検知ソフトと連携して動作する(利用するには、USB接続のカメラで侵入者を検知・自動撮影し、画像ファイルとして保存するライブカメラソフト(「LiveCapture2」など)が必要)。「パソわんこ」は、あらかじめ指定されたフォルダ(自動撮影された画像ファイルが保存されるフォルダ)を監視し、新たにファイルが追加された場合、ディスプレイに警告画面を表示したり、指定アドレスにメール送信を行ったりしてくれる。

再生する音声(犬の吠える声)や、侵入者への警告用の画像は、あらかじめ用意されているもののほか、ユーザが好みのものを使うことも可能。例えば、家族の話し声などを録音し、再生音として利用することもできる。通知メールの件名や本文も、ユーザが自由に設定することが可能だ。

さらに、Twitterとの連携も可能。異状を検知したとき、ツイートをTwitterのサーバに送信したり、他の「パソわんこ」ユーザのツイートを受信して、画面に表示したりといったことを行える。メールの送信間隔は最短で10分、ツイートの送信間隔は最短で1分となっている。

トップ > フリーソフト > その他 > パソわんこ-留守宅をバーチャル番犬の鳴き声などで守る“空き巣よけ”ソフト-