BREAKER-“破壊者”の少女を主人公にした、ボリューム満点の2DアクションRPG-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > ゲーム > アクション > BREAKER-“破壊者”の少女を主人公にした、ボリューム満点の2DアクションRPG-

BREAKER-“破壊者”の少女を主人公にした、ボリューム満点の2DアクションRPG-

ベクターダウンロード

「BREAKER」は、人間の強い「負」の感情を糧に、世界を滅ぼす破壊者(BREAKER)の力をその身に宿す少女が主人公の長編アクションRPG。ダンジョン内の仕掛けを解いてルートを切り開き、行く手に立ち塞がる敵と戦って倒してゆく。ボリュームは満点。選択肢によって4種類のエンディングに分岐し、それによって追加イベントなどが変化する2周目も用意されている。アクションの操作はシンプルで、アクションゲームが苦手な人でも楽しめる。

ゲームは、主人公「蓼科祈(たてしな・いのり)」が独房の中で目覚めたところからはじまる。祈は、世界の創造主=古きカミ「帝」の力を受け入れた“世界を破壊”する破壊者で、人間の思念が作り出したとされる救済の女神「グレイス」を頂点とした新しきカミたちの組織「GUARDIAN」に囚われてしまっていた。牢は、やはり人間の思念が作り出した世界「狭界」の中にあり、脱出するには狭界の最下層までたどり着かなくてはならない。しかも、祈は破壊者としては未熟で、導き手である二人の「鎖」と合流しなくては、力をフルに発揮できない。鎖の二人もこの狭界の別の階層に囚われているはずだ。

目覚めたときに祈の中には、自分のことを妖精の「ナート」だと名乗る謎の存在が住み着いていた。ナートは祈の味方だといい、祈を自由にし、狭界脱出の手助けをしたいというのだが、果たしてその真の目的は……。ナートの申し出を受け入れ、「世界を破壊する」という目的のために「狭界」からの脱出を試みる祈だが、狭界から抜け出たときに祈がもたらすものは果たして「世界の終焉」か、それとも……。

探索とターゲットの破壊でモードを切り替えるユニークなシステム

プレイヤーは祈を操作して、GUARDIANたちの拠点内をカーソルキーで移動させ、気になる物体の前で決定キー(【Enter】/【Z】/スペースキー)を押して調べ、脱出ルートを見つけ出してゆく。一部の物体は、前に立って決定キーを押すと、動かすこともできる。これらの操作はすべて画面左下に「F」と表示される「フィールド」モードで行う。ただし、フィールドモードでは武器(祈の素手も武器とみなされる)を扱うことはできない。

武器を使い、鉄柵などをロックしている青いターゲットを破壊したりするには、【Shift】キーを押して「アクション」モードに切り替える必要がある(画面左下の表示は「A」)。アクションモードでは、決定キーを押すことで武器を振るうことができる(攻撃の有効範囲は使用するキャラによって異なる)。

通常の攻撃では破壊できないような頑丈なターゲットを破壊したり、必殺技などの特殊技を発動したりするにはSP(スペシャルポイント)が必要。SPは、バトルで敵を倒したり、クリティカル発動などのボーナスを得たりすることでSPG(SPゲットポイント)をため、画面左下のSPGメータが満タンになるたびに1個得ることができる。SPは最大5個までストックすることができ、画面左下に手持ちのSPの数だけマークが表示される。

SPを使用するには、アクションモードで【Shift】キーを押し、使うSPの数を設定する必要がある。【Shift】を押すたびに画面左下のSPマークが1個ずつ明るくなり、次に決定キーを押したときに明るいSPマークの数だけSPを消費して、特殊技が発動される(攻撃範囲内に敵やターゲットがない場合は無効となり、消費されない)。使用SPの数は【0】から【5】の数字キーで設定することも可能。【0】の場合は使用SPがすべてクリアされる。

使用するスキルをあらかじめ設定しておく方式で、バトルの操作は簡単

敵とのバトルは、ダンジョン内の特定マップでのみ発生する。バトルマップに入ると、画面が自動的に「バトル」モードへと移行し、戦闘が開始される。操作モードも自動的にアクションモードとなり、そのまま固定されるため、プレイヤーがモードを切り替える必要はない。ただし、はじめて戦闘を行う前には、いくつかの戦闘準備を行っておく必要がある。

ひとつは回復アイテムなどの装備。アイテムは戦闘に勝利したり、フィールドマップ上にあるものを拾ったりすることで入手できるが、戦闘中は装備されたものしか使えない。アイテムは1キャラクタにつき、最大4個まで装備できる。もうひとつはスキルセットアップだ。戦闘中に使用する必殺技や、オプションスキル(追加効果)を設定しておく必要がある。必殺技は、使用SPが1以上に設定されており、必殺技がオートに設定されているときに、通常攻撃を3回連続で行うことで発動させることができる。使用SPの数が多いほど、必殺技の威力はアップする。

オプションスキルには例えば、

クリティカル率を補正する「一撃」
SPを入手した際に、HPを小回復させる「守護気法」
必殺技の効果をマップ内のすべての敵キャラクタに行き渡らせる「全体化」
味方キャラクタが必殺技を発動させたとき、必殺技で追撃する「追撃」
などがある。
ほとんどのスキルはゲーム開始時点では封印されており、戦闘で入手できるBP(ブレイクポイント)や封印の鍵を使って、封印を解除しなくては使うことができない。さらに、使用したいスキルにCP(セルポイント)を最低一つセットする必要がある。CPはBPを変換することで増やすことができ、各スキルに最大三つまでセットできる。セットされたCPの数が多いほど、スキルの効果は高い。

スキルやアイテムの設定は、非戦闘時にキャンセルキー(【Esc】/【X】/【V】/【B】/【C】/【N】キー)で開くメニューから行える。戦闘時にキャンセルキーを押すとクイックメニューが開き、装備したアイテムの使用、使用キャラクタの入れ替え、他のキャラクタとの会話などを行える。

トップ > フリーソフト > ゲーム > アクション > BREAKER-“破壊者”の少女を主人公にした、ボリューム満点の2DアクションRPG-