FileDiver-Office文書なども処理対象にできる、高速な全文ファイル検索ソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 検索関連 > FileDiver-Office文書なども処理対象にできる、高速な全文ファイル検索ソフト-

FileDiver-Office文書なども処理対象にできる、高速な全文ファイル検索ソフト-

ベクターダウンロード

「FileDiver」は、複数のファイルを対象に、指定文字列を一括検索できるソフト。あいまい検索や正規表現にも対応し、複数のキーワードをまとめて検索することもできる。検索結果は一覧表示され、ダブルクリックで当該文書を開けるほか、検索条件とともに検索結果が自動保存され、次回起動時に自動的に読み込まれる。検索結果だけをテキストファイルで出力することも可能だ。

検索範囲はフォルダ単位で指定する。サブフォルダ含めることも可能。複数のフォルダをセミコロンで区切って指定することもできる。検索対象にできるのはテキストファイルに加え、Microsoft OfficeやOpenOffice.orgで作成された文書、さらには一太郎、松/新松、Lotus 1-2-3、リッチテキスト、PDFなどの文書ファイル。テキスト以外の文書は、バイナリ形式をテキストに変換してから検索される。

検索対象は、拡張子を指定したり、複数の拡張子をセットにして登録したりすることも可能。統合アーカイバ・プロジェクト仕様のDLLがインストールされていれば、LZH/ZIP/ARJ/TAR/CABなどのアーカイブファイル内に格納された文書も検索対象にできる。

検索するキーワードの指定は、その場での入力や過去の検索履歴からの選択で行えるほか、あらかじめ登録しておいたセットを使って行うこともできる。セットには、正規表現を利用して複数のキーワードを登録することが可能。もちろんユーザが正規表現を記述することも可能で、メタ文字入力をアシストする機能も備えている。

設定により、大文字/小文字を区別した検索や単語単位での検索なども可能。設定の組み合わせは「エントリー」として登録しておくことができ、検索時にドロップダウンリストから選択して実行できる。初期状態では「デフォルト」「あいまい検索」の二つのエントリーが登録されている。

検索結果の表示方法には、

フォルダ/ファイル名、文字列を含む行が表示される「ツリータイプ」
一致した行のみが表示される「リストタイプ」
一致した行がフォルダ別に分類される「フォルダタイプ」
ファイルごとに分類される「ファイルタイプ」
があり、好みに応じて切り替えることが可能。並べ替え機能を使って、ファイル名順や拡張子順、サイズ順、日付順でリストを並べ替えることもできる。検索結果からファイルを開く場合は、テキストエディタを使ってマッチした行へジャンプする方法と、作成したアプリケーションを起動してファイルを開く方法とがある。
検索結果は、検索条件設定とともに自動保存される。ユーザが任意の名前を付けて保存することも可能。保存したファイルを開くと、検索結果がリストに表示されると同時に検索条件もセットされ、同じ条件での再検索も簡単に行えるようになっている。

そのほかにも、

ファイル/フォルダのドラッグ&ドロップによる検索実行
ヒットした文字列の前後のテキストをクリップボードへ転送する「一行コピー」
ヒットした文字列を含むファイルの削除
検索結果のテキストファイル出力
などの機能を搭載する。

トップ > フリーソフト > 検索関連 > FileDiver-Office文書なども処理対象にできる、高速な全文ファイル検索ソフト-