チルトシフトスタジオ-デジカメ写真や動画を、簡単な操作でミニチュア風に変換できるソフト-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > 画像編集 > チルトシフトスタジオ-デジカメ写真や動画を、簡単な操作でミニチュア風に変換できるソフト-

チルトシフトスタジオ-デジカメ写真や動画を、簡単な操作でミニチュア風に変換できるソフト-

ベクターダウンロード

「チルトシフトスタジオ」は、風景画像などを加工し、まるでミニチュア模型を撮影したかのように見せることのできるソフト。写真撮影では、特殊なレンズを使って、実際の風景をミニチュア模型のように見せる「逆チルト(ティルト)撮影」と呼ばれる技法があるが、「チルトシフトスタジオ」では、撮影済みの画像・動画に対して、あたかも逆チルト撮影を行ったかのような効果を適用できる。原理は逆チルト撮影で実現されるものと同じ。注目したい部分にのみピントを合わせ、そこから離れるほどピントをぼかす。対応する画像形式はJPEG/PNG(出力はPNG)、動画形式はWMV/MPEG-4/AVI(出力はWMV/MPEG-4 AVC(H.264))。

逆チルト撮影では、画像をよりリアル(?)なミニチュア風に見せるため、レンズの焦点距離やチルトの強さ、絞りなど、さまざまなパラメータを調整しなければならず、かなりの知識と経験が必要とされる。「チルトシフトスタジオ」では、普通に撮影された画像や動画があれば、詳しい知識のない人でも、パソコンで簡単に加工できる。

“ミニチュアっぽさ”を表現するために用意されたパラメータは、

ぼかし強度
フォーカス範囲
ぼかしの階調
ぼかし角度
彩度調整
外周の明るさ
の各項目。いずれもメイン画面上のスライダで調整することが可能。スライダを動かすと効果はリアルタイムで適用され、確認しながらパラメータを調整できるようになっている。
動画の場合は、さらに動画クリップの先頭・末尾にフェードイン/アウトを適用することが可能。それぞれ効果を適用する時間(秒)を指定できる。動画の場合は一般的に、通常よりも再生速度を上げるとミニチュアっぽく見えることが多い。そのため「チルトシフトスタジオ」では、動画再生のスピードコントロール機能も用意されている。動画にBGMを付加したり、動画に含まれる音声データを削除したりして保存することも可能だ。

静止画は元画像と同じサイズで出力されるが、動画は保存時に解像度を変更することもできる。対応する解像度は元ファイルと同じ解像度のほか、240P/480P/720Pの3種類。iPhoneやPSP、スマートフォンなどの機種名を指定し、最適な解像度で出力することも可能だ。

トップ > フリーソフト > 画像編集 > チルトシフトスタジオ-デジカメ写真や動画を、簡単な操作でミニチュア風に変換できるソフト-