囲い花 -ゲームオーバーがなく気軽に楽しめる、双六風のアドベンチャーゲーム-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > ゲーム > 囲い花 -ゲームオーバーがなく気軽に楽しめる、双六風のアドベンチャーゲーム-

囲い花 -ゲームオーバーがなく気軽に楽しめる、双六風のアドベンチャーゲーム-

ベクターダウンロード

「囲い花」は、ルーレットを回し、出た数だけマスの上のキャラクタを動かしてストーリーを進める、双六形式のアドベンチャーゲーム。操作ミスや判断ミスによるゲームオーバーなどはなく、気軽にのんびりと楽しめる。キャラクタ同士の親密度やイベントの達成度、日数などの条件で分岐するエンディングは20種類近く。何度もプレイして、さまざまなエンディングを見る楽しみがある。

ゲームの舞台は、人口も産業も乏しい弱小国「オル・タソリア」。隣国「フォ・ミソリア」とは、国力や軍事力があまりにも違いすぎ、攻め込まれたらひとたまりもない。これまでは辛うじて政略結婚などで独立を保ってきたが、フォ・ミソリアの国王が代替わりしたことで情勢が一気に変化。これまでの平和路線が撤回され、次々と他国に侵攻し、領土を拡大する政策が取られるようになった。

危機感を抱いたオル・タソリアでは、民衆の声に押される形で、この国に古くからある言い伝え「国が存亡の危機に立たされたとき、魔術師に導かれし者が国を救う」に従い、救世主を召還した。ところが、この国唯一の宮廷魔術師の召喚によって現れたのは、とても救世主とは思えない一人の少女だった……。

オル・タソリアで少女に与えられた役目は、最近国内に多く出現するようになった魔物を退治し、実力を示すこと。自らを救世主と認めさせるため、少女はオル・タソリア内を単身移動して、さまざまな行動を行う。さらに、少女を普通の女の子だと思い、心配してフォローしようとするキャラクタもマップ上を移動する。

マスの上で移動するキャラクタは3+1人。各キャラクタとの親密度が重要

ゲーム中の主な登場人物は4人。プレイヤーが操作する主人公は「ヴィオラ(名前は変更可能)」。召還により、救世主としてオル・タソリアに現れる。しかし、その正体は隣国フォ・ミソリアの落ちこぼれ役人。上司の指令により、転移魔法を使って召喚されたふりをしたのだが、見た目が普通の女の子にしか見えないため、信用してもらえず、相手にもされていない。

「エントルード」は、オル・タソリア唯一の宮廷魔術師。国の依頼により、急いで救世主の召還を行うが、準備不足のために失敗したと認識しており、その旨、国王にも報告済み。腕は未熟だが、人はよい。ヴィオラのことは普通の女の子と思っており、責任を感じて心配もしているが、次の召喚術を行う準備ができるまでの時間稼ぎとして、ヴィオラに救世主として振る舞ってくれるように頼んだ。

「オルテンド」は、オル・タソリアの宰相の息子で、皮肉屋の役人。国王と親しく、エントルードとも幼なじみであることから、エントルードに救世主召喚の依頼を伝えたりと、救世主プロジェクトの責任者にされてしまう。当然、召喚の場面にも居合わせ、ヴィオラをただの子どもだと思っている。ヴィオラがボロを出さないよう、密かに苦労していて、そのことに苛立っている。

ヴィオラ、エントルード、オルテンドの3人が、順番にマップ上のマスの上を移動するキャラクタとなる。マップ上には時折、国王「イルネート」も登場し、国王を含めた3人のキャラクタとヴィオラとの親密度がストーリーの分岐に重要な役割を果たす。

止まった位置のマスの図柄に応じたイベントが発生し、アイテムなどを入手できる

プレイ方法はシンプル。ヴィオラの順番のときにマップをクリックするとメニューが開くので、行動を選択する。選択できるのは「移動」「アイテム」「魔法」「破陣具」「ステータス」の五つ。本マスの上に止まったときのみ「セーブ」も表示される(クイックセーブはどこでも可能)。「移動」を選択するとルーレットが回り、1から6の数字が決定される。ヴィオラはマップ上のマスを出た数だけ移動する。途中でルートが分岐している場合は、どちらに進むかを選択することが可能。通過するマスの中に町(靴の図柄)がある場合、そこで止まるか通過するかを選択することもできる。

「アイテム」と「魔法」では、それぞれ入手したアイテムや魔法を使用することができる(一度に覚えていられる魔法の数は三つまで)。「破陣具」では、一日かけて破陣具の制作を行う。ただし、そのためには十分なMPと材料が必要。完成するまでにはトータルで何日もの日数が必要となる。「ステータス」ではヴィオラの状態を確認できる。

用意されたマスの図柄は全部で8種類。「剣」のマスに止まると、魔物相手の戦闘を行う。「?」のマスはアイテムを入手したり、防御力・攻撃力・HPなどが変化したりといった“何か”が起こる。「草」は、魔法を思い出すなど、魔法に関することが起こる。「花」は「破陣具」の材料を入手する。「靴」は町で、ファ・ミソリアの上司に報告したり、しなかったり、国王などとのイベントが発生したりする。「切り株」は、1日休みとなる代わりに、HPとMPを一定量回復できる。「本」は通常セーブを行えるマス。「水色の矢印」はスタート地点のお城。ゲーム開始後はゴールとなる。

ヴィオラの目的は二つ。ひとつは、魔物をできるだけ多く倒すこと。そしてもうひとつは、本物の救世主の召喚の邪魔をするために「破陣具」を完成させ、密かに設置することだ。

トップ > フリーソフト > ゲーム > 囲い花 -ゲームオーバーがなく気軽に楽しめる、双六風のアドベンチャーゲーム-