迷宮城ハイドラ -宮内を探索し、アイテムなどを発見するのが楽しい2Dアクションゲーム-| フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

トップ > フリーソフト > ゲーム > アクション > 迷宮城ハイドラ -宮内を探索し、アイテムなどを発見するのが楽しい2Dアクションゲーム-

迷宮城ハイドラ -宮内を探索し、アイテムなどを発見するのが楽しい2Dアクションゲーム-

ベクターダウンロード

「迷宮城ハイドラ」は、フィールドとダンジョンとから構成された迷宮を探索するアクションゲーム。ゲームの目的は、八つのダンジョンそれぞれの最奥部に待ち受けるボスキャラを倒し、奪われた王冠を取り戻すこと。そのためには、まずフィールドを探索し、最初のダンジョンに入るためのカギを見つけ出す必要がある。ゲームバランスがよく、テンポよく楽しめる。

ゲームは、主人公が迷宮の中心部に放り出された状態からはじまる。手にしているのは一振りの剣のみ。剣を頼りにモンスターと戦いながらフィールド内を探索し、手探りで少しずつ迷宮の構造や仕掛け、ゲームの進め方などを見つけ出してゆく。

操作はキーボードまたはゲームパッドで行う。【←】/【→】キーで主人公を左右に移動させ、【↑】/【↓】キーでハシゴの上り下りをさせる。【↑】キーはそのほかにも、盾を頭上に構えたり、発見した扉や宝箱の前などで押して調べたり、開けたりするのに使用する。【Z】キーはジャンプ。キーを押す長さで飛距離を調節できる。【←】/【→】キーを同時押しすることで山なりに横ジャンプしたり、空中で方向を変えたりすることも可能。【X】キーは剣による攻撃。歩行中やジャンプ中など、いつでも使うことができ、キーを押すと剣で正面を一閃する。

サブウエポンを入手すると、遠距離からの攻撃が可能に

迷宮内に隠されたサブウエポンを発見・入手することで、【C】キーによるサブウエポン攻撃が可能になる。サブウエポンにはブーメラン、ボール、矢、斧など、全部で5種類があり、いずれも遠距離から攻撃することが可能。対ボス戦など、手強い敵と戦う際に威力を発揮する。武器によって飛距離や飛ぶ方向、連射速度などが異なるため、状況に応じて使い分けたい。

サブウエポンの切り替えは【A】キーで行う。現在装備中のサブウエポンは、主人公の位置によって画面左上か左下に表示される円内のアイコンで確認することが可能。アイコンの右下には残り使用回数も表示される。使用回数は、モンスターを倒したり、ブロックを壊したりしたときに時折出現するアイテムを取ると、最大99まで増やせる仕組み。使用回数は全サブウエポンで共通となっている。たとえ残り使用回数が0になっても、サブウエポンが失われるわけではなく、アイテムを取れば、再び使用できるようになる。

アイコンの右上に表示される緑色のゲージは主人公のHP。HPがすべて失われるとゲームオーバーになる。HPは、モンスターとの戦闘や迷宮内のトラップとの接触で失われる(どれほど高い場所から落下しても、ダメージを受けることはない)。HPは、ハート型のアイテムを取ることで、少し回復させることが可能。ダンジョンへと続く扉の横にあるセーブポイントでセーブをすれば、全回復する。

装備可能なアイテムをすべて探し出してみよう

迷宮内には、装備できるアイテムも隠されている。装備アイテムにはツルハシやシールドなどがある。入手したものすべてが装備され、切り替えることなく、そのまま使用することが可能。主人公の防具となったり、能力を強化したりする働きがあり、入手することで行動範囲が広がる。場所によっては、アイテムを入手しないとたどり着けないところもある。

装備アイテムやサブウエポンなど、ハート型のアイテムとサブウエポンの使用回数を増やすアイテム以外のすべてのアイテムは、特定の場所の敵を全滅させたり、特定の壊せるブロックを破壊したりすることで出現する。現在主人公が所有しているサブウエポン、アイテム、カギの3種類は、【F1】キーで表示されるステータス画面で確認できる。装備アイテムは、ステータス画面で名称と機能を確認することが可能だ。

迷宮内で発見できるアイテムの中で最も重要なのは、最初のダンジョンに続く扉を開けるカギ。迷宮内には全部で八つのダンジョンがあるが、攻略する順番が定められ、最初のダンジョンから順にしか扉を開けて中に入ることができない。各ダンジョンの最奥部にはボスキャラが待ち受け、ボスキャラを倒すことで、次のダンジョンに入れるようになる。

トップ > フリーソフト > ゲーム > アクション > 迷宮城ハイドラ -宮内を探索し、アイテムなどを発見するのが楽しい2Dアクションゲーム-