デフラグ | フリーソフトダウンロード5

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

デフラグ | フリーソフトダウンロード5

TOP > PCお役立ち情報 > デフラグ
「デフラグ」を知っていますか?
知っている方も多い「デフラグ」とはそもそもなんなのかを説明します。

デフラグとは何か?
日本語の意味は(ファイルの)断片化解消です。デフラグとはデフラグメンテーション(defragmentation)の短縮した呼び方です。デフラグメンテーションとはフラグメンテーション(断片化)の否定の語です。
断片化とは?
ファイルをHDに保存するときに、HDに連続した空きがあれば、断片化せずに保存できます。連続した空きとはどういうことでしょうか。これはよくある例えですが本棚をイメージしてみると分かりやすいです。空の本棚なら、長い巻数の本(マンガなど)を綺麗にいれることができます。しかし、本棚がすべて埋まっている場合は、いらない本を、本棚から取り除いて空きをつくります。そしてその空いたスペースに長い巻数の本を入れます。すると同じシリーズの本がバラバラに入っている状態、これが断片化した状態です。(普通の人間ならここで整理しますが、そうしないと仮定します)
なお、HDの読み込み・書き込みのイメージとしては、カセットテープを想像してみてください。
断片化の問題点
では断片化することで何が問題なのでしょうか。ファイルが断片化している、言い換えれば、ファイルが連続していないということは、そのファイルを読み込むのに、別々の場所を見に行かなければなりません。これは先ほどの本棚の話で例えると、すべての巻数を読むには、別々の場所に移動しなければならなく、時間がかかります。それと同じことがHDにも起きるのです。
つまり、ファイルの断片化によりファイルの読み込みに時間がかかります。また、無駄にHDを使用しますのでHDの寿命が縮みます。

では断片化を解消すると、どのようなメリットがるのでしょうか?先ほどの断片化の問題点から、断片化を解消すると2点メリットがあります。
(1) 断片化を解消するとHDの速度が速くなる
これはHDのデータが連続してあるので、一つのファイルを読み込むのに、HDのいろいろな場所を探さないですみます(カセットテープでいうと、巻き戻したり、早送りしなくて済む)のでファイルが読み込まれるのが早くなります。また、書き込み時にも連続した場所が空いてるので、すばやく書き込むことが可能となります。
(2) 断片化を解消するとHDの寿命が伸びる
HDは読み書き・いずれにせよ動きがあると消耗してしまいます。(他の消耗要因としては熱・埃・湿気などもありますが)つまり無駄な動きが減るので、理論的には寿命は延びます。

断片化の解消方法
最初からインストールされているデフラグツールを使います。

デフラグツールの使い方
1.現在開いているアプリケーションを終了します。可能であれば、起動しているメーラーやブラウザー等のアプリケーションを終了します。
2.マイコンピューターを開きます
3.ローカルディスクのプロパティを開きます。
通常はローカルディスク(C:)とだけ表示されますが、場合によってはローカルディスク(D:)と両方表示されている場合があります。その場合、極力両方デフラグするようにしてください。
※プロパティを表示するには、ローカルディスク(C:)を選択して右クリックし、プロパティの項目を選びます。なお右クリックで表示されるメニューは個人差があります。
4.タブからツールを選択して最適化するボタンを押
5.分析ボタンを押します。
※もし最適化の必要がありませんというようなダイアログが表示された場合、デフラグ(最適化)する必要はありません。期間がたったら次回同じように分析ボタンを押してみてください。
6.最適化ボタンを押します
最適化が始まりますのでしばらく放置します。ディスクの容量にもよりますが、1時間から6時間以上ほどかかります。なるべくデフラグ中はパソコンを触らないようにします。途中で中止するには停止ボタンを押します。
7.最適化完了
最適化が完了すると、ダイアログが表示されますので閉じるボタンを押して、ダイアログを閉じます。画面に、最適前と最適化後のディスクの使用状況が出てます。これを比べると最適化が実感できると思います。
8.メニューよりファイル/終了を押してデフラグツールを終了します。

デフラグ時の注意事項
1.デフラグ中に電源を切らない。
これは一番大事なことです。そもそもパソコンを使ってる途中で電源を抜いたりするのは禁止事項ですが、特にデフラグ時には、厳禁です。最悪、パソコンが起動しなくなります。電源ケーブルが足に引っかかりやすい状態だったり、、暖房をつけてて、ブレーカーが落ちやすい状態だったりする時には注意してください。
2.定期的にやりましょう。
少しの断片化を放置していると、断片化はより進んでしまいます。なので定期的な断片化の解消が必要になります。ここで提案するのは、毎日数時間以上使う人は、週に1度はデフラグをやりましょう。
それほど使わない人も、月に1度はデフラグをやりましょう。
あくまで目安です。
逆にデフラグのやりすぎには注意が必要です。毎日デフラグをするという人がいますが前項でも書いたようにHDは読み込み・書き込みで消耗します。
デフラグのような高負荷状態を毎日継続すればその分HDが故障する確立も高まります。
あくまで適度に行いましょう。
3.HDの容量に空きが必要です。
最低ハードディスクの全容量は10%ほど空けておきましょう。すると断片化の解消がスムーズに行えます。さらにいえば、HDは満杯になってからいらないファイルを消すより、余裕をもって消すようにしているとファイルの断片化は置きにくくなります。ですので普段から10%ほど残すようしておくことをお薦めします。(一時的なファイルに使うのは問題ありませんが)
4.時間がかかります。
最近のHDは容量が大きいので、それだけ断片化を解消するのに時間がかかります。(特に断片化が進んでいると) 夜中や昼にやるといいでしょう。
TOP > PCお役立ち情報 > デフラグ