迷惑メール対策 | フリーソフトダウンロード5

フリーソフトダウンロード5【無料で使えるフリーソフト】

迷惑メール対策 | フリーソフトダウンロード5

TOP > PCお役立ち情報 > 迷惑メール対策
迷惑メールの種類
迷惑メールは「スパムメール」とも言われますが、いくつかの種類に分けられます。
「宣伝メール」:アダルトサイトへの勧誘や、通信販売の案内など、許可なく大量に無差別に送られる種類の迷惑メール。
「架空請求メール」: 実際に利用していないサービスの利用請求をし、お金を払わせようとする種類の迷惑メール。
「なりすましメール」: 他の人や企業になりすまし、送信者名を偽造することで受信者を信用させメールを開封させようとする種類の迷惑メール。
「チェーンメール」: 転送を指示し、世の中を騒がせることをおもしろがる迷惑メール。
「ウイルスメール」: メールを介してウイルスを感染させることを目的とした迷惑メール。
「フィッシング詐欺メール」: 「偽造サイト」へメールで誘導し、クレジット番号などの個人情報を盗みとるることを目的とした迷惑メール。
などがあります。
迷惑メールは、気分を害するばかりでなく、詐欺被害をともなう悪質なものが近年、増えていますので注意が必要です。


迷惑メールはどうしてくるのか?
辞書にある言葉を自動的に組み合わせ、メールアドレスとして存在しそうな組み合わせで無作為に大量にメールを送信している場合や、掲示板・チャットなどに掲載されたアドレスを、ツールを使って集める場合など、さまざまな巧妙な手法を使って、メールアドレスを集めて送信しているといわれています。またメールアドレスを収集して販売する業者の存在も取りざたされています。自分の「メールアドレス」の取り扱いには十分ご注意ください。


迷惑メール対策のための心構え
迷惑メールを受信しないようにするためには、守っておきたい心構えがあります。
まず、懸賞サイトや掲示板などに自分のメールアドレスを書き込むのはやめましょう。どうしても、アドレスを登録する必要がある場合は、無料で登録できるフリーメールなどを取得して使い分けましょう。
怪しいメールを、むやみに開封したりするとウイルスに感染したりすることもありますので、怪しいメールはすぐに削除してください。また、メール内容を鵜呑みにして、むやみにメール内のアドレスをクリックするのもやめましょう。さらに、心当たりのない請求などが送られてきても、返信するのは絶対にやめましょう。返信してしまうことで、「ターゲット」にされ、かえって大量のメールが送られてくることにもなりかねません。

迷惑メールをシャットアウトする方法
1.プロバイダのサービスを使う
インターネット接続サービスを行っているプロバイダ各社で対策サービスを用意しています。プロバイダが受信した時点で迷惑メールを判別し、届けないようにするものです。このほか、受信したくないメールを登録しておく方法や、迷惑メールとして登録された情報(キーワードなど)をもとに、受信したメールを自動的に迷惑フォルダに振り分けるという機能もあります。
プロバイダが行っている迷惑メール対策にはいくつかの種類がありますので、詳しくはご利用のプロバイダにご確認ください。
2.対策ソフトを使う
プロバイダの設定したフィルタも通り抜けて届いてしまうものは、さらに対策ソフトで遮断します。プロバイダが行っている対策と同じように、あらかじめ設定された「定義ファイル」と照らし合わせて、迷惑メールと判断する方法と、使う人が遮断したいメールの情報を設定し、必要のないメールを遮断する方法との二つに大きく分けられます。すべての迷惑メールを判別するのは難しいですが、ある程度受信数を少なくすることができます。プロバイダのサービスと並行して使うとより効果的です。迷惑メールが通り抜けられないように、いろいろな網目の網を用意して、ガッチリキャッチするということです。
3.メールソフトの設定を変更する
プロバイダの設定したフィルタも通り抜けて届いてしまうものは、さらお使いのメールソフトで対策することもできます。例えばOutlook 2003では、迷惑メールを自動的に判別して「迷惑メール」フォルダに振り分けることができます。そのほか、特定の送信者以外のメールを受信禁止にしたりすることもできます。
また、ウイルスメールの感染予防のためには、プレビュー表示させないように設定を変更しておきましょう。メールをプレビューしただけで、感染してしまうウイルスもあります。

ネット詐欺の手口
ネット詐欺の手口がますます巧妙化してきています。
実在の企業名などでメールを配信し、「会員サイトが変更になりました。登録内容をこちらのページで再登録してください。サービスが利用できなくなります。」と本物そっくりに作った偽サイトに誘導し、情報を盗み取ろうとしたりします。偽サイトにアクセスすると、それらしく見せるために、IDとパスワードを入力させる画面を出すなど巧妙に作られたものもあります。

詐欺に合わないための心構え
フィッシング詐欺に合わないためには、日ごろの心構えも重要です。
大手企業や金融機関が個人情報をメールで問い合わせることはまずないので、個人情報を問い合わせるようなメールは無視しましょう。
重要な情報を入力しなければいけないときには、SSLの電子証明書などがあるかを確認するのも有効な対策のひとつです。また、どのような手口があるのか知っておくことで、怪しいメールを判断しやすくなります。
その他、セキュリティの強化のため、「Windows Update」はこまめに行いましょう。

詐欺に合ってしまったら
注意していたのに、詐欺にかかってしまったと思ったら、冷静な対応が必要です。
正式サイトでIDやパスワードを変更し、正式サイトを運営する企業に問い合わせましょう。また、クレジットカード情報などを入力してしまった場合は、クレジットカードの利用を停止してもらう必要があります。
被害は警察に届けてください。

警察庁「フィッシング110番」
警察庁 インターネット安全・安心相談
TOP > PCお役立ち情報 > 迷惑メール対策